.
うちら富山型デイサービスやちゃ!ブログ
いっしょ家「楽ラクワンポイント介護」

いっしょ家さんよりお知らせです。

 

あのEテレ「楽ラクワンポイント介護」の青山さんがいっしょ家に来ます!!

 

 

●講師/青山 幸広氏(介護アドバイザー)
●内容/お年寄りを元気にする楽ワザ介護

 

●日時
6月1日(木) 18:30〜20:30
力を引き出す寝返り・起き上がり
9月14日(木) 18:30〜20:30
立ち上がり介助 床からの立ち上がり
12月7日(木) 18:30〜20:30
ベッドから椅子への移乗
2018年 3月8日(木) 18:30〜20:30
総集編 寝返り・立ち上がり・移乗

 

●会場/いっしょ家
●参加費/2000円
●持ち物/動きやすい服装
●お申込み/RX組サイト内セミナー申込ページ

 

お問い合わせはいっしょ家まで

http://toyamagata.com/isshoya/

 

 


| イベント・フォーラム | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふらっと総会&交流会

ふらっとさんよりお知らせです。

 

 

ふらっと総会&交流会

 

平成29年5月27日(土)

交流会:14:00〜 総会:14:30ぐらい〜

●参加費/200円

 

交流会ではシャボン玉ショー♪

ナナイロさんが遊びにくるよ!!

 

 

総会の始まる前に交流会をします!

シャボン玉おじさんのナナイロさんが、たくさんのシャボン玉を魅せてくれます!

大きなシャボン玉や、たくさんのシャボン玉!

いろんなシャボン玉で楽しいよ♪

 

尚、総会も参加可能ですが、ふらっとまでお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせはふらっとまで

http://www.toyamagata.com/furatto/

 


| イベント・フォーラム | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
わかば・花みち新聞4・5月号

デイサービスわかばさんのページを更新しました!

http://www.toyamagata.com/wakaba/

「わかば・花みちしんぶん」4月号、5月号を掲載しました。

どうぞpdfをダウンロードしてご覧になってくださいね!

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

皆様いつもお世話になりありがとうございます。

おかげさまで、花みちは一周年を迎えることができました。

心より感謝申し上げます。
私たちは、これからも利用者様の人生を共に励まし支えあいながら、一日一日を大切にしていきます。

今後共、宜しくお願い致します。

 


| うちら富山型デイサービスやちゃ!HP | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
富山ケアネットワーク定期総会

みなさま、ゴールデンウィークは楽しくお過ごしでしたか?

ゴールデンウィークもお仕事の方は大変お疲れまでした!

 

4月26日。
富山ケアネットワーク 平成29年度の定期総会を行いました。

 


総会資料の事業計画。

今年度は全国セミナーの年。
今回は、制度や法律の対象外とされている方々にスポットライトをあててみたいと思います。
二十歳になるにぎやかにも、そういった気になる方々が、集ってますね〜。
富山県以外の所にも、ケアネットワークが、何ヶ所か立ち上がってきました。

 


総会にも、北海道、石川県、福井県から出席されました。
そのような他県の動きも気になりますね。

 


踊る惣万さん。

 


爆笑の阪井さん。


富山型の得意技。

 


県庁厚生企画課の木下さん。
三年間ありがとうございました。
在任中、惣万さんがフローレンスナイチンゲール記章を受章したことなど、思い出を語られました。
今年度も、富山型デイサービスをよろしくお願い致します。
平成30年に創設される共生型デイサービスとは。
社会問題でもある介護現場の人材不足など。
今後が気になりますが、未来に向かって進化し続ける富山ケアネットワークが、世の中を変える動きを創りだせるよう精進していきます!

 

よろしくお願いします!

 

 


| ご紹介、お知らせ | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
しおんの家 ビードルワーク教室

しおんの家「いっしょにせんまいけ」趣味教室

第10回ビードルワーク教室

 

※ビードルワークとは、穴の大きいビーズで、針と糸を使って、アクセサリーなどを作る手法です。

 

★ネックレス・メガネチェーンづくり★

 

日時:2017(H29)年5月20日(土)10:00〜12:00

場所:フリーハウスしおんの家・信 2階 地域交流室

講師:常川 俊子 さん

持ってくるもの:受講料500円+材料費900円、はさみ

参加申込:NPO法人しおんの家まで、電話、FAX、メールなどで5月10日(水)までにお申込み下さい。

 

お申込・お問い合わせは「しおんの家」さんまで

http://www.toyamagata.com/sionnoie/


| イベント・フォーラム | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
しおんの家のカフェだより5月号

しおんの家さんよりお知らせです。

しおんの家のカフェだより♪
2017年5月号をお知らせします!

地域交流のためのコミュニティカフェや趣味教室は、どなたでもご利用いただけます。
カフェメニューは全て100円です。
趣味教室受講料は500円(材料費は別)です。
日時は変更もありますので、受講希望の方は一度ご連絡ください。

ダウンロードしてご覧ください。

http://toyamagata.com/sionnoie


| うちら富山型デイサービスやちゃ!HP | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひらすま感謝祭

ひらすま感謝祭

 

みなさん、こんにちは。すっかり暖かくなってきましたね(^^♪


5月21日(日曜日)に、日ごろの感謝の気持ちを込めて感謝祭を予定しています。

どなたでも参加自由ですので、ぜひお越しください。

みなさんにお会いできることを、とっても楽しみにしています!
ひらすまは今年、開所して14年目を迎えました。その間、365日年中無休でやってきました。

これからも、みなさんのニーズに応え地域に貢献していけるよう、頑張っていきたいと思っています。

しかし、現在スタッフが不足していて厳しい状況です。今後、休まざるを得ない日もでてくる可能性があります。

ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご協力していただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。


5月21日(日)10:00〜14:00
日頃の感謝の気持ちを込めて、ひらすま感謝祭を行います。
(場所はひらすまあらいべで、どなたでも参加自由です)
・バザー品を集めているのでご協力お願いいたします。
(基本的には新品に限ります。)
・当日はひらすま本家の駐車場をご利用ください。
・バザーや歌や踊りの出し物などなど楽しい時間を一緒に過ごしたいと思っています♪
たくさんの方のお越しをお待ちしております。


| イベント・フォーラム | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひらすま新聞〈第110号〉

ひらすまさんのページを更新しました!

 

ひらすま新聞〈第110号〉を掲載しました。

第110月号の内容 は・・・

『ひらすま18周年』

『木町公園にて満開の桜の下でお花見しました』

『ブランコ楽しいね♪』
などなど・・・

どうぞpdfをダウンロードしてご覧になってくださいね!

 

http://www.toyamagata.com/hirasuma

 

 

ひらすまでは看護師さんを募集しています

白衣を着ない看護師さん募集しています。

家庭的な雰囲気の中、さまざまな年齢の方の生活に関わることが出来ます。

ブランクがある方、経験の少ない方でも大丈夫!丁寧に教えます。

詳しくは求人情報ページをご覧ください

 

ひらすまは、いつでもボランティアさん募集中です!

老若男女とわず、様々な方との出会いがあります(^^♪

興味のある方は、ぜひ一度、のぞきに来てくださいね。

(何をするかは、相談して決めます。)

ぜひ一緒に働きましょう♪

 

ひらすま 0766-25-5010

あらいべ 0766-24-4021


| - | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
生き方アドバイス「北日本新聞より」

誰に介護を頼むべきか…

北日本新聞「よろずご指南」生き方アドバイスに惣万佳代子さんが回答されていました。

 

 

【相談】
 病気を患っている。いずれ病気が進んだときに、自分の介護を夫に任せるのか、それとも施設に入るべきか悩んでいる。自分は夫の世話をして あげられないのに、一方的に頼るのは気の毒だ。今はデイサービスを利用しながら下の世話は人に頼らず、何とか暮らしているが、いずれは頼らざるを得ない。 夫に下の世話をされるくらいなら、倒れている方がましだという思いもある。思いが揺れ、決断がつかないでいる。(富山市、無職女性、68歳)

【回答】NPO法人「このゆびとーまれ」理事長 惣万佳代子さん
■夫の気持ち確認して
 今回の相談は持病のある68歳の女性から寄せられました。いずれ自分の介護を夫に任せるのか、それとも施設に入るのか悩んでいるのですね。

 団塊世代もいよいよ本格的に老いを迎えます。他人(ひと)事ではなく、既に当事者なのです。私も65歳ですから、自分はどこに住んで、誰に介護を受けたいかを日頃、家族や友人などに話をしておかねばと思います。

■「排せつ」が課題
 老後の三大介護は「食事」「排せつ」「入浴」です。排せつが一番の課題でしょう。

 相談者は「夫に下の世話をされるくらいなら、倒れている方がまし」と言っておられます。「下の世話は受けたくない」「嫌だ」「恥ずかしい」「そんなことまで夫にさせたくない」ということなのでしょうか。

 分かるような気もします。男性は女性職員の排せつ介助や入浴介助などにあまり抵抗感がないようですが、女性は男性職員の排せつ介助や入浴介助に抵抗する人が多いです。最近、介護現場では同性介護になりました。

 10年ほど前、私が96歳の認知症のおばあちゃんの入浴介助をしたときのことです。脱衣室でおばあちゃんのパンツを脱がそうとして「男の人にはこんなことしてもらえません」と頑固に拒否されてしまいました。私を男性だと思ったようです。

  私と同年代の女性10人に、自分の下の世話を夫にしてもらうかどうかを聞いてみました。うち7人が「ノー(いいえ)」でした。「絶対に嫌」「無器用やから できんやろ」「子どものオムツさえ替えれんかった」「嫌がるやろ」「気を使うから」「体に触られるのも嫌」。残り3人は「分からない」でした。

 私は病院で20年間、介護現場で23年間働きました。家族を介護する人は、男性より女性の方が圧倒的に多いのが実情です。

 少数派ですが、妻や母親を介護していた男性を思い出すことがあります。とにかく熱心で愛情がこもっていて、科学的でした。38度の熱があったら、氷を何個入れ、何時間で氷枕を交換すればより効率が上がる、などと言っておられました。科学的ですよね。

  夫に今後の2人の暮らしを相談してください。特に病気が進み、下の世話が必要になったときのことです。夫が「2人でずーっと暮らしたいけど、下の世話はで きない」と答えたとしたら、ヘルパーさんに1日に4回以上は訪問してもらい、トイレや食事を介助してもらえば良いと思います。「下の世話が必要になったと きには施設に入ってほしい」と言われたら、施設に入るという選択もあります。特別養護老人ホームに入所するには、介護度3以上という条件があります。

■おひとりさまは?
  先日、あるセミナーで上市町出身の社会学者、上野千鶴子さんに「惣万さんはおひとりさまだけど、老後介護が必要になったとき、どう暮らしたいの」と質問さ れました。「自分の家かマンションに住み、指名したヘルパーさんに来てほしい。週3日ほど、お風呂目的にデイサービスに通いたい」と答えました。上野さん は「そうよね。指名料を払っても、自分と相性が合うヘルパーさんがいいわよね。そのためにお金をためているんだから」と同感されました。

 老いは誰もが通る道です。さまざまな人たちに支えてもらいながら、自分らしく好きなことをして生きていきたいものです。たった一度の人生ですから。


| 新聞より | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
車椅子を寄贈していただきました

福井県の株式会社ムラタ様より、車椅子4台を寄贈していただきました。

 

どうもありがとうございました。

 

寄贈先

●地域生活支援・交流ハウスふらっと

●民間デイサービスひまわり

●善福寺デイサービス聚楽

●デイケアハウス手をつなごう

 

 

北日本新聞に掲載されました。

 


| ご紹介、お知らせ | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
MOBILE
qrcode
OTHER