.
うちら富山型デイサービスやちゃ!ブログ
<< まごころだより2015年7月〜2016年新年号 | main | ふらっと代表 宮袋季美さん講演情報 >>
「なごなるの家」志麻愛子さん 追悼メッセージ
富山型デイサービス「なごなるの家」代表 志麻愛子さん
2016年1月8日 なごなるの家のスタッフやお身内のかたに見守られ静かに息をひきとられました。





このゆびとーまれ 代表 惣万佳代子さんからの追悼メッセージです

「親愛なる志麻愛子さんへ」

志麻さんとの出会いは、このゆびとーまれを開所した平成5年、私が41歳の時でした。「まいけ」の編集長として活躍しておられ、すぐに取材に来て下さり、このゆびとーまれ奮闘記をシリーズに出していただきました。
それから志麻さんは市会議員になられ、無所属で一人会派をずーっと貫き通しましたね。議員生活10年で「富山型デイサービス」のことを何回も議会で取り上げていただきました。

平成22年、「なごなるの家」を開所させました。誰よりも優しく、誰よりも強い志麻さんを尊敬し、あこがれていました。その志麻さんが私達の仲間になるなんて夢のようでした。
なごなるの家の開所式に行った時、木造の家も利用者も職員も品格があり、あったかいなあと思いました。
「これからはこの立派な建物に魂を入れてください。」と生意気な祝辞をしたにもかかわらず、「本当にそうだよねぇ。」と素直にうなづいておられました。
志麻さんの人生設計は、まいけ10年、市会議員10年、なごなるの家10年と計画を立てておられたと聞きました。
2年前、なごなるの家のショートステイを作ろうとした時、市役所からは「あと1年待てば補助金出ますよ。」と言われていましたので、私も「1年待てば。」と言いました。
志麻さんは今困っている人がいるから「1年は待てない。長すぎる。自費で作るわ。」と言われ、4床のショートステイがみるみる間に出来たのです。もしかしたら、その頃から志麻さんに焦りがあったのかもしれません。

12月3日、亡くなられる1ヵ月前に私と西村と2人で全国セミナーの報告をするため、志麻さんに会いに行きました。
志麻さんは椅子に座り、おいしそうに食べておられました。
私が「1つ出たホイ」の数え歌を唄ったら、一番いい笑顔をして下さいました。
志麻さんは元気な時、「その歌いいねぇ。元気になるが。惣万さん唄って。」といつも言って下さいました。

息子さんが、お母さんはなごなるの家をした時、「私はやがてなごなるでお世話になるが。」と言っておられ、その通りになり、「母さんは幸福な死に方だったと思います。」とお通夜の謝辞で言われました。
志麻さんは自分の望み、願い通りに自分の部屋で自分の布団で愛する人達に見守られながら、息をひきとられました。いい生き方、いい死に方だったと思います。
6年間でやることはやって、後輩にも意志を引き継いでいかれました。

富山ケアネットの仲間から、「もっと話をしたかった。」「こんなに早くに別れがくるなんて…。」「なごなるの家での最初の看取りが志麻さんだったんですね。身をもって教えられたのですね。」などなど沢山の話を聞きます。
志麻さんありがとうございます。あなたに会えたこと、一緒に活動したこと、泣いたこと、笑ったこと、同じ時代に生きたこと全て感謝です。あなたのことが大好きでした。
私も富山ケアネットの仲間もいつか浄土に行きます。浄土でも歌って、踊って楽しいお酒を呑みましょう。待っていて下さい。「1つ出たホイ」の数え歌も17から20になっているかもしれません。楽しみにしていてください。


志麻愛子さんから惣万佳代子にむけたナイチンゲール記章受賞のお祝いメッセージです。

私たちが、今やりがいのある仕事が出来るのも惣万さん、西村さん、富山型デイサービスの仲間達のおかげです。
ありがとうございます。
利用者さん、当事者のニーズに、まっすぐ向き合う富山型デイサービスは、いろんな問題の解決に取り組んできました。
身近にこんな所があったらいいなぁ、安心だなぁとずっと思ってきて、六年前にこの山室に、富山型デイサービス「なごなるの家」を創業しました。
これからもまだみなさんと一緒にここで担い手になって二十年から三十年がんばるつもりだったのに2015年3月に大病になって、もう体もね、ちゃんと動かなくなってしまいました。
今は、利用者さんの一人として、この富山型デイサービスが身近にあったことのありがたさを痛感する日々です。
ありがとうございます。



富山ケアネットワーク一同 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

地元情報誌「まいけ」の編集長、そして富山市議会議員3期を務めたのち2010年3月に富山型デイサービス「なごなるの家」を立ち上げた「志麻愛子さん」。
東京から帰省し故郷富山をより良くしたいという思いに駆り立てられ、68歳というまだ早すぎる人生を猛進したように思います。
女性の地位向上、地域福祉の充実に一心不乱に立ち向かう強さと、年齢を感じさせない可愛らしさ、そして優しさ。
両面を持ち合わせた素敵な志麻愛子さんのこと忘れません。そして志麻さんがやり残したこと、少しでも私たち「富山ケアネットワーク」一同お役に立ちたいと思います。
 

| - | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 15:31 | - | - |
この記事のコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://toyamagata.jugem.jp/trackback/455
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
MOBILE
qrcode
OTHER