.
うちら富山型デイサービスやちゃ!ブログ
<< 富山ケアネットワーク加入事業所 | main | 共生地域福祉フォーラム(北日本新聞) >>
共生地域福祉フォーラム

共生地域福祉フォーラム

「お互いさまの暮らしをめざして」

〜今、わが町に求めるもの〜

大盛況で終了しました!

 

ご来場くださった皆様、ご来賓の皆様

ありがとうございました。

 

祝 富山ケアネットワーク20周年 ファッションショーでは、皆さん工夫を凝らして楽しくてあたたかい富山型コレクションとなりました。

 

祝 このゆびとーまれ25周年では、小さかったあの子、この子。若かったあの人、この人。

DVD上映を見ながら、25年の月日を物語る素晴らしいステージでした。

 

パネルディスカッションでは、障がいがあることで不自由なこと、心の声、親の声、支援者の声

まさに「今、わが町に求めるもの」の具体的な声も聞けました。

 

鼎談では、厚生労働省の源河さん、惣万さん、長野県宅老所理事長の宮島さんの3人で「日本の福祉の未来とは」について熱く語られました。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

ここでプログラムにありました、惣万さん、県知事のご挨拶をご紹介させていただきます。

 

 1993年「このゆびとーまれ」が富山市で誕生しました。開所した当時の利用者は、1日平均1.8人でした。 0(ゼロ)という日も続き、潰れるのではないかと言う不安が常につきまとっていました。3人で始めたこのゆびとーまれでしたが、今は職員が60人にも増えました。

 「このゆびとーまれ」を始めて5年目の1998年「富山県民間デイサービス連絡協議会」が発足しました。

 「富山ケアネットワーク」の誕生です。県や国へ意見を言おうという動きから始まり、4事業所からのスタートでした。集る場所もなくファミリーレストラン等で会合をもっていました。ウェイトレスさんから「ここで紙を広げて会合をしないで下さい。」ときつく注意された事などが、とても懐かしいです。

 理念やしている事は、開所当時から変わっていません。今困っている人を制度があろうと無かろうと支えるのが私達の仕事です。制度は決して正しいのではなく、その人のニーズが正しいのです。

 先日、見学者に「どの様な時、このゆびが共生だと感じますか」と質問され、「このゆびに入ってきた時、誰が利用者か職員かわからない時」と言いました。暮らしなのだから、いかにも利用者、いかにも職員と区別をつける必要はないと思っています。

 早いもので今年で「このゆびとーまれ」は25歳、「富山ケアネットワーク」は20歳になります。

 2018年介護報酬の改定で「共生型デイサービス」が新設されました。課題はいくつもありますが、前進したと受け止めています。今回「わが町に求めるもの」から「日本の福祉の未来」に続けたいと思います。

 未来への希望や要望を本音で話し合います。

 

富山ケアネットワーク会長 惣万 佳代子

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

 このたび、共生地域福祉フォーラムが盛大に開催されますことを、心からお祝い申しあげます。

 皆様には、日頃から、高齢者の介護や障害者の自立支援、児童の健全育成などを通じて、地域福祉の向上に多大なご尽力をいただいており、心から敬意を表し、感謝申しあげます。 さて、近年、少子・高齢化や核家族化の進行、価値観の多様化などにより、福祉に対するニーズはますます高度化しています。また、地域においても「人と人とのつながり」が希薄化し、「お互いさま」の支え合い機能の低下が懸念されています。

 このため、県では、高齢者、障害者、子どもなど県民だれもが住み慣れた地域でいきいきと安心して暮らすことができる「とやま型地域共生社会」の実現を目指し、福祉の推進に努めています。

 なかでも、惣万佳代子さんが代表を務められる「このゆびとーまれ」が全国に先駆けて始められた「富山型デイサービス」は、年齢や障害の有無に関わらず、だれもが一緒に身近な地域でデイサービスを受けられるものであり、既存の縦割り制度にはない多機能で柔軟なサービスとして高く評価されています。

 また、国においては、この「富山型デイサービス」をモデルのひとつとして、高齢者と障害児者が同一の事業所でサービスを受けやすくする「共生型サービス」を昨年度創設するとともに、今年度の介護・障害報酬改定において、指定基準や報酬体系の見直しを行ったところです。

 こうしたなか、介護や地域福祉に携わっておられる皆様が一堂に会し、「富山型デイサービス」の可能性と魅力、これからの地域に求められるものについて活発に意見を交わされますことは誠に意義深く、県としましても、その成果に大きな期待を寄せています。  このフォーラムを契機として、地域共生社会実現に向けた取組みがより一層進展するとともに、「お互いさまの暮らし」の重要性が再認識され、大きく広がりますよう念願してやみません。

 

富山県知事 石井 楼

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

後日、写真を掲載させていただきますので、しばらくお待ちください。


| イベント・フォーラム | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 23:17 | - | - |
この記事のコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://toyamagata.jugem.jp/trackback/663
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
MOBILE
qrcode
OTHER